幸せモード全開で神対応 佐々木希は“カカア天下”確定か

公開日:

 女優の佐々木希(29)が19日、都内で行われた映画「光をくれた人」のイベントに登壇。11日にアンジャッシュの渡部建(44)と入籍後、初のイベントとあって報道陣が殺到。フラッシュがやむことはなかったが、佐々木は笑顔を振りまく神対応だった。

 イベント終了後、芸能リポーターの川内天子氏が声かけすると、佐々木は舞台袖で立ち止まり、「指輪はまだなんです。結婚式も全く決まってなくて……あちらも忙しい方なので」と明かした。

 他の記者からの「今日はお出かけのチューはしましたか?」の問いに「今日はしておりません。時間がバラバラでしたので、起こさないようにしました」と幸せモード全開だ。

 現場で質問した川内氏がこういう。

「入籍してこんなにやさしい表情になるんだな、という印象です。今までは幸せな話題も小出しで、核心に触れるとクールな表情になって引いてしまうことがありました。降壇後の声かけに対しても、一礼して通過するか、笑顔で何も答えないのが普通でしたが、今日は『何でも話しますよ』という姿勢でした。この会見で好感度がますます上がって、広告のオファーが増えると思います。私生活については、交際中から常に佐々木さん発信。ご主人の渡部さんは常に彼女のイメージに悪影響を与えないよう気を使っていらっしゃる。いろんな意味で佐々木さんが家庭の主導権を握っているのがわかります」

 佐々木希がカカア天下でも、渡部をうらやむ声しきりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る