“間男”ファンキー加藤に神対応 アンタ柴田の明るい未来

公開日: 更新日:

「アンタッチャブル」柴田英嗣(40)の元妻とのダブル不倫が発覚したファンキー加藤(37)が“市中引き回し”状態だ。

 7日の謝罪会見後、京セラドーム大阪でプロ野球交流戦の始球式を行うと「このたびはお騒がせして申し訳ございません」とマウンド上で頭を下げた加藤。「不倫は文化」「退場!」とのヤジも飛ぶ中、笑顔なく球場を後にしたが、運の悪いことに現在は主演映画「サブイボマスク」(11日公開)のPR活動の真っただ中で、8日は奈良・吉野町で行われたイベントに参加。ファンからは「頑張って」と声をかけられ声を詰まらせる場面もあった。

 加藤は離婚せず、柴田の元妻が出産する子供を認知して数千万円に及ぶ養育費を支払っていくというが、「怒ったのは一瞬だけ」と語り終始紳士的な対応を貫いたのが嫁を寝取られた側の柴田である。

 この“神対応”に「おぎやはぎ」小木博明は「引きずらないところがいいところ。柴っちょらしい」と称賛。ネット上でも「男気がある」との声が続々と上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る