坂口杏里AVも赤字か “転向組”が苦戦する今どき業界事情

公開日:  更新日:

 急逝から3年半、ホスト狂いで借金地獄に陥るとは想像だにしなかったろう。坂口良子の娘の坂口杏里がAV女優デビューする件。元カレを含め、芸能界に衝撃をもたらしたその内容が徐々に明らかになってきた。発売日は10月1日で「Winkの鈴木早智子や小松千春のデビュー作同様、AIV(アダルトイメージビデオ)と呼ばれるソフトな中身になる」(業界関係者)という。

 彼女のデビュー作を手がける「MUTEKI」はいま最も勢いのあるAVメーカーで、「今年に入って元グラドルの高橋しょう子、元SKEの三上悠亜の2人のAV転向組の作品を次々と手がけ、それぞれヒットさせている。少なからず経営的に余裕があるからこそ、仲介ブローカーもMUTEKIに白羽の矢を立てたんでしょう。ただ、坂口の場合は2世タレントのネームバリューが最大にして唯一の武器。あの貧弱な体では売り物にならず、下手すれば、制作費が回収できない可能性もある。たかしょーと三上に続く第3のウエーブが起こるかどうか……」(AVライターの亀野股三郎氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る