坂口杏里に残された“過激AV”の道 小向美奈子と共演も?

公開日:

 交際中のホストから3万円を脅し取ろうとして逮捕されたタレントのANRIこと坂口杏里容疑者(26)。東京地裁が地検の勾留請求を却下し21日に釈放されたが、ホスト遊びにどっぷりつかった杏里には今後、かなり険しい道が待っているといえそうだ。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「芸能界復帰なんてまずありえない。それどころか、まずは生活能力や社会適応力を身につけさせるべきでしょう。以前、AV女優でタレントだった飯島愛と仕事をしたことがあるのですが、彼女の場合、幼い頃から壮絶な人生でしたが、本人は何とかしっかりとした人生を歩もうと努力していた。だが、杏里の場合、もともと女優の娘で“高等な生活”から始まって、2世タレントとなり、ホスト遊びにはまり、転落していった。立ち直るには相当な覚悟が必要です」

 逮捕前、杏里は女性誌「婦人公論」(4月25日号)のインタビューに答えている。その中では、13年に亡くなった母で女優の坂口良子のことや自身がAV女優を選んだ時の心境を吐露。その中では「AV女優になって本当によかった」「やるからには一番になりたい」などと語っている。業界関係者の間では、早くもさまざまなプランが浮上しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る