• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有村架純 朝ドラ「ひよっこ」に“強烈シルバー世代”の壁

 3週連続で平均視聴率19%台に甘んじている有村架純(24)主演のNHK朝ドラ「ひよっこ」。最近の朝ドラは20%超えが当たり前だっただけにイマイチのスタートといえるが、作品自体はすこぶる面白い。放送ライターの堀江南氏が言う。

「ドラマの骨格ともいわれる脚本がとにかくしっかりしている。人物も時代背景も丁寧に描かれ、15分の短い尺なのに毎回涙を誘う展開はお見事。演出も屋外のシーンを多用し、里山や青空を効果的に見せ、世代を問わず多くの人々が故郷としてイメージする日本人の原風景を具現化。ヒロインの存在感と演技力をさらに引き立てるべく、祖父、親、子の3世代の登場人物が脇を固めているのも大きい。脚本、演出、演者による三位一体の良質な作品です」

 それでも視聴率が伸び悩むのは、駄作の声もある「べっぴんさん」後に朝ドラ視聴のリタイアが続出したことや、イケメン俳優の出演が少ないといった理由などが挙げられるが、もうひとつ、強力なライバルの存在が囁かれている。今クールで話題を独占している石坂浩二(75)主演の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る