有村架純 朝ドラ「ひよっこ」に“強烈シルバー世代”の壁

公開日:

 3週連続で平均視聴率19%台に甘んじている有村架純(24)主演のNHK朝ドラ「ひよっこ」。最近の朝ドラは20%超えが当たり前だっただけにイマイチのスタートといえるが、作品自体はすこぶる面白い。放送ライターの堀江南氏が言う。

「ドラマの骨格ともいわれる脚本がとにかくしっかりしている。人物も時代背景も丁寧に描かれ、15分の短い尺なのに毎回涙を誘う展開はお見事。演出も屋外のシーンを多用し、里山や青空を効果的に見せ、世代を問わず多くの人々が故郷としてイメージする日本人の原風景を具現化。ヒロインの存在感と演技力をさらに引き立てるべく、祖父、親、子の3世代の登場人物が脇を固めているのも大きい。脚本、演出、演者による三位一体の良質な作品です」

 それでも視聴率が伸び悩むのは、駄作の声もある「べっぴんさん」後に朝ドラ視聴のリタイアが続出したことや、イケメン俳優の出演が少ないといった理由などが挙げられるが、もうひとつ、強力なライバルの存在が囁かれている。今クールで話題を独占している石坂浩二(75)主演の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る