二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

SMAPの神輿から降り…キムタクの今後を占う主演作の結果

公開日:

 ここ1カ月余り、テレビや雑誌などメディアで木村拓哉(44)を見ない日はないほどだった。すべては4月29日公開の映画「無限の住人」の宣伝活動である。

 新作映画を主演が宣伝することは今や常識であるが、木村の露出度は映画史でも例のないほど凄かった。まさに怒涛の勢いの宣伝活動だった。地方ローカル局も「びっくり」の初の単独インタビューを受ければ、東奔西走でキャンペーンを展開した。公開が迫るに従い在京に移動。話も映画の話だけだったのが、SMAP解散の話にも差しさわりのない程度で触れていた。その背景には「絶対に映画をヒットさせなければならない」という木村だけでなく取り巻くスタッフの強い使命感が伝わってくる。

 1人の役者としてスタートした今年、新春のドラマに選んだのははやりの医療もの。エリート医師役とぜいたくな脇役陣もあり及第点で切り抜けた木村。次に控えた主演映画も映画界の最近のブームである時代劇。ここでは一転、アウトローな用心棒役。“1人VS300人”のキャッチコピー通り、殺陣のシーンが満載のバイオレンスアクション。試写を見た人によれば、「確かに殺陣は迫力があり木村の体当たりの演技はわかるが、血しぶきと死体が転がるシーンの連続で、女性は思わず目を背ける人が多かった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る