• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

SMAPの神輿から降り…キムタクの今後を占う主演作の結果

 ここ1カ月余り、テレビや雑誌などメディアで木村拓哉(44)を見ない日はないほどだった。すべては4月29日公開の映画「無限の住人」の宣伝活動である。

 新作映画を主演が宣伝することは今や常識であるが、木村の露出度は映画史でも例のないほど凄かった。まさに怒涛の勢いの宣伝活動だった。地方ローカル局も「びっくり」の初の単独インタビューを受ければ、東奔西走でキャンペーンを展開した。公開が迫るに従い在京に移動。話も映画の話だけだったのが、SMAP解散の話にも差しさわりのない程度で触れていた。その背景には「絶対に映画をヒットさせなければならない」という木村だけでなく取り巻くスタッフの強い使命感が伝わってくる。

 1人の役者としてスタートした今年、新春のドラマに選んだのははやりの医療もの。エリート医師役とぜいたくな脇役陣もあり及第点で切り抜けた木村。次に控えた主演映画も映画界の最近のブームである時代劇。ここでは一転、アウトローな用心棒役。“1人VS300人”のキャッチコピー通り、殺陣のシーンが満載のバイオレンスアクション。試写を見た人によれば、「確かに殺陣は迫力があり木村の体当たりの演技はわかるが、血しぶきと死体が転がるシーンの連続で、女性は思わず目を背ける人が多かった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る