テレ朝土日ゴールデン“高島彩vs長野智子”見るならどっち

公開日:

“タイムテーブル(番組表)改革”としてテレビ朝日が大胆なチャレンジを試みた、土日ゴールデンタイムの「サタデーステーション」(土曜21時台)と「サンデーステーション」(日曜21時台)。

 メーンキャスターはともに元フジテレビのアナウンサーが務める。日曜「サンステ」のメーンは夕方版を担当していた長野智子(54)が引き続き務め、土曜「サタステ」には高島彩(38)が抜擢された。高島はフリー後もフジの番組が多かったから、他局で通じるかの勝負番組となる。

 先週の初回視聴率はその「サタステ」が8.7%、「サンステ」が8.0%と高い数字とはいかなかったが、今後2ケタを目指すいい位置につけている。両者の戦いにまだ差はつかないが、見るならどっちがいいか。

「新鮮味ならもちろん高島ですが、フジ時代からのキャピった感じがあって浮き気味で違和感がありました。一方の長野は安定感があり、先週はゲストの羽生結弦相手に視聴者が聞いてほしいことをうまく引き出していたのはさすが。ただ、テレ朝に新しい空気を吹き込むためにも、高島には期待したい。出産、子育ても経験、アラフォーの今からひと皮むけたら、新たな視聴者層を獲得できるかもしれません」(作家の松野大介氏)

 要するに、サプライズが楽しめそうなのは高島ということだろう。テレ朝の“大改編”で土日ゴールデンはニュース・情報ワイドの戦国時代。他局も含めて激しいバトルになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る