日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジの“私情含み”採用に佐藤里佳アナウンス室部長が異議

 今月末付でフジテレビを退社し、フリーへ転身する武田祐子アナ(46)。41歳で出産した第1子の小学校入学を来年に控え、子育て奮闘中の現役ママだけに拘束時間の長い会社員よりフリーランスに舵を切ったということなのだろう。

 しかも、「アナウンススキルには昔から定評がある。ウチでも引き続き2番組のナレーションを担当するし、他局からのオファーもあるんじゃないか」(フジ関係者)。同期入社の木佐彩子(45)がアイドル路線で売り出されるその裏で、地道にコツコツと技術を磨いてきた結果なのだろう。

 フジテレビといえば80年代の“ひょうきんアナ”に始まり、多種多様な人材を受け入れてきたが、残念ながらそれも過去の話。現在、局内にはアナウンサーの採用基準を問題視する声が上がっているという。

■社内では「よくぞ言った」と喝采

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事