フジの“私情含み”採用に佐藤里佳アナウンス室部長が異議

公開日:  更新日:

 今月末付でフジテレビを退社し、フリーへ転身する武田祐子アナ(46)。41歳で出産した第1子の小学校入学を来年に控え、子育て奮闘中の現役ママだけに拘束時間の長い会社員よりフリーランスに舵を切ったということなのだろう。

 しかも、「アナウンススキルには昔から定評がある。ウチでも引き続き2番組のナレーションを担当するし、他局からのオファーもあるんじゃないか」(フジ関係者)。同期入社の木佐彩子(45)がアイドル路線で売り出されるその裏で、地道にコツコツと技術を磨いてきた結果なのだろう。

 フジテレビといえば80年代の“ひょうきんアナ”に始まり、多種多様な人材を受け入れてきたが、残念ながらそれも過去の話。現在、局内にはアナウンサーの採用基準を問題視する声が上がっているという。

■社内では「よくぞ言った」と喝采

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る