• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

役者の長い道のり象徴 寺島しのぶ愛息“初お目見得”の花道

 毎年5月の歌舞伎座は「團菊祭」。今年は盛りだくさんだ。芸能ニュース的には、寺島しのぶの4歳の息子・寺嶋眞秀の「初お目見得」が話題。尾上菊五郎・富司純子の孫にあたる。

 眞秀は、昼の部「魚屋宗五郎」にセリフのある「丁稚」の役で登場し、花道をひとりで歩いて往復した。この花道が長い。普段はあまり感じないが、子供なので、時間がかかるのだ。常套句を用いれば「彼の役者としてのこれからの長い道のりを象徴していた」となる。

 もうひとつの話題は、坂東彦三郎家の三代・4人同時襲名。「坂東彦三郎」は一般的な知名度は低いが、大名跡のひとつで、尾上菊五郎家と市村羽左衛門家と親戚関係にある。ここ数代は、脇役の名優が続いた。

 坂東家の八代目彦三郎(74)が初代楽善を名乗り、長男・亀三郎(40)が九代目彦三郎を、次男・亀寿(38)が三代目亀蔵を襲名、さらに彦三郎の4歳の長男が六代目亀三郎を襲名し「初舞台」。親が脇役だと子も脇役としてのスタートとなってしまう。彦三郎・亀蔵の兄弟は顔もよければ声もよく通る役者だったが、これまで歌舞伎座では脇役ばかりだった。しかし今月は襲名なので、彦三郎は昼の「梶原平三誉石切」と夜の「寿曽我対面」で主役を演じた。弟の亀蔵はこの2つでは脇役で兄をもり立て、最後の舞踊「弥生の花浅草祭」では、松緑と2人で4役を踊り通した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る