• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

役者の長い道のり象徴 寺島しのぶ愛息“初お目見得”の花道

 毎年5月の歌舞伎座は「團菊祭」。今年は盛りだくさんだ。芸能ニュース的には、寺島しのぶの4歳の息子・寺嶋眞秀の「初お目見得」が話題。尾上菊五郎・富司純子の孫にあたる。

 眞秀は、昼の部「魚屋宗五郎」にセリフのある「丁稚」の役で登場し、花道をひとりで歩いて往復した。この花道が長い。普段はあまり感じないが、子供なので、時間がかかるのだ。常套句を用いれば「彼の役者としてのこれからの長い道のりを象徴していた」となる。

 もうひとつの話題は、坂東彦三郎家の三代・4人同時襲名。「坂東彦三郎」は一般的な知名度は低いが、大名跡のひとつで、尾上菊五郎家と市村羽左衛門家と親戚関係にある。ここ数代は、脇役の名優が続いた。

 坂東家の八代目彦三郎(74)が初代楽善を名乗り、長男・亀三郎(40)が九代目彦三郎を、次男・亀寿(38)が三代目亀蔵を襲名、さらに彦三郎の4歳の長男が六代目亀三郎を襲名し「初舞台」。親が脇役だと子も脇役としてのスタートとなってしまう。彦三郎・亀蔵の兄弟は顔もよければ声もよく通る役者だったが、これまで歌舞伎座では脇役ばかりだった。しかし今月は襲名なので、彦三郎は昼の「梶原平三誉石切」と夜の「寿曽我対面」で主役を演じた。弟の亀蔵はこの2つでは脇役で兄をもり立て、最後の舞踊「弥生の花浅草祭」では、松緑と2人で4役を踊り通した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る