今度は福田和子役 寺島しのぶ“実録ドラマ女王”までの軌跡

公開日: 更新日:

 あまりにソックリで目がくぎ付けに……。

 写真は女優寺島しのぶ(43)が主演する「実録ドラマスペシャル 女の犯罪ミステリー 福田和子 整形逃亡15年」(3月17日19時~、テレビ朝日系)のビジュアルカットだ。

 1982年に愛媛県松山市で同僚のホステスを絞殺。その後、北海道から山口まで15年に及ぶ大胆不敵な逃走生活を送る中で2度の整形、20もの偽名を使い分け、時効直前に逮捕された「希代の悪女」の半生を演じる。

 寺島が世間を震撼させた凶悪犯を演じるのは、これが初めてではない。記憶に新しいところで、婚活殺人の木嶋佳苗に着想を得たドラマ「ソドムの林檎」(13年、WOWOW)、福岡・久留米市の看護婦4人が自分たちの夫2人を殺した保険金連続殺人事件の全容を描いた「赤と黒のゲキジョー 黒い看護婦」(15年、フジテレビ系)での従犯の看護婦……。とまあ、テレビ局をまたいで、殺人という最も忌むべき犯罪に手を染めた女性役にキャスティングされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る