• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小倉優子は好感度アップ 離婚をバネにできる人の共通項

 初めての体験として鰹の一本釣りをさせていただきました――先月23日のブログにこうつづっているのは、タレントの小倉優子(33)だ。

 今年3月に美容師の男性と離婚してから芸能活動を再開。その後はバラエティー番組に出ずっぱりで、“こりん星”時代にはタブーだった便秘に苦しむエピソードまで披露している。女手一つで2人の子供を育てるには、仕事を選ぶ余裕はないということなのかもしれないが、好感度は結婚前よりうなぎ上りだ。

 理想の母親として人気抜群の篠原涼子(43)を2人目の伴侶に迎えた俳優・市村正親(68)も、離婚に伴うダメージとは無縁。バリバリ活躍している。離婚をバネにする人と意気消沈する人は何が違うのか。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「そういう人は、離婚を切り出すか、怒りに転化できるタイプのいずれかです。切り出す人は、相手への気持ちを断ち切って、目線は先を向いている。切り出される方がショックは大きいのですが、つらさが怒りに変わると、それがバネになります。夫の不倫をキッカケにたもとを分かった小倉さんは、恐らく前者。離婚を決断した時点で前向きなエネルギーを蓄えていたと思います。以前、バラエティー番組でご一緒したら、タレントとしての印象と違って、すごくシッカリした考えをお持ちでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る