稼げるうちに…スキャンダル相次ぐBIGBANG「解散」ピンチ

公開日: 更新日:

 昨年10月に大麻を吸引していたとして在宅起訴されたことが今月1日に明らかになった、韓国の人気グループBIGBANGのT.O.P(トップ=29)が、薬物の過剰摂取で緊急搬送。日韓のメディアが大々的に報じたのは6日のことだった。

 トップは今年2月から徴兵制により義務警察としてソウル江南警察署の広報担当官室内楽隊に勤務していたが、在宅起訴されていたことが明らかになり、謝罪文を発表し5日に退所。ソウル庁所属の第4機動団に配属されていたが、その転任先の宿舎で精神安定剤を多量摂取したため意識不明に。病院に搬送された後は情報が錯綜し、予断を許さない状況が続いているという。

「数年前にはリーダーのG―DRAGONが大麻吸引容疑で書類送検。メンバーで2人目の大麻事件でグループに対して“薬物汚染”の目が向けられてしまっている。今回の事件を受け、トップはこのままグループからフェードアウトするのではといわれている。人気メンバーだけにダメージは深刻でしょう」(音楽業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る