二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

一方的に船越を非難 松居一代の暴走を生んだメディアの罪

公開日:

 国会では与党と野党が加計問題を巡り真っ向から対立。芸能界では松居一代(60)と船越英一郎(56)の離婚問題が発覚。対立どころかすでに戦闘モードに突入している。

 対立軸にある話は世間の関心も高いが、加計問題のようにそれぞれ言い分があってこその話。松居・船越の場合は軸がズレている。松居はSNSなどで一方的に船越を非難。「私の言うことが正しい」とばかりに集中攻撃。対して船越は弁護士を通じて「事実無根」を主張するだけ。リングに上がった松居を外から牽制しているような構図。

「今の状況で松居と同じリングに上がれば、離婚調停の前に暴露合戦になる。松居は個人事務所だけに事務所同士の話し合いもできない。黙殺が賢明な選択」(芸能関係者)

 相手が応じない“暖簾に腕押し”状態では、今の松居ではさらに言動がエスカレートするのは必定。問題はメディアがどう扱うかにあると思う。かねて松居は自分の言い分を都合よく報じてくれるメディアだけを有効利用する向きがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る