日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK生放送は“公開処刑” それでも船越英一郎が降りない訳

 精神状態が心配だ。松居一代(60)ではなく、夫で俳優の船越英一郎(56)の方である。NHKの昼の情報番組「ごごナマ」でMCを務めているのだが、10日の生放送中に、ゲストのはなわがヒット曲「お義父さん」を歌うと、「何度も聞いているのに、なんでこんなに泣けちゃうのか」と話し、泣き出してしまった。

 その気持ちはよ~くわかる。妻でタレントの松居との間に離婚騒動が勃発中で、現在、松居がブログやユーチューブなどで、船越への執拗な口撃を続けているからだ。これまで、船越は離婚騒動について沈黙を守っているのだが、「ごごナマ」への出演は続けてきた。おそらく、松居から「バイアグラ男」と罵倒されている船越のプライドはズタズタ。生放送で視聴者の好奇な目にさらされることは、“公開処刑”の状態に近いだろう。

「それでも、船越が出演を続けるのは、もし番組を降りれば、自らの不倫を認めたと取られかねないからです。NHKとしても、松居の主張を理由に船越を降板させ、後になってその主張が事実無根だったと認められれば、大問題となる。静観せざるを得ないわけです。ただし、離婚問題が調停から裁判に進んで長期化、泥沼化すれば、主婦層がターゲットの『ごごナマ』へのダメージは相当なものになる。視聴率も2~3%に低迷しているため、早期の打ち切りもあり得ます」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事