• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK生放送は“公開処刑” それでも船越英一郎が降りない訳

 精神状態が心配だ。松居一代(60)ではなく、夫で俳優の船越英一郎(56)の方である。NHKの昼の情報番組「ごごナマ」でMCを務めているのだが、10日の生放送中に、ゲストのはなわがヒット曲「お義父さん」を歌うと、「何度も聞いているのに、なんでこんなに泣けちゃうのか」と話し、泣き出してしまった。

 その気持ちはよ~くわかる。妻でタレントの松居との間に離婚騒動が勃発中で、現在、松居がブログやユーチューブなどで、船越への執拗な口撃を続けているからだ。これまで、船越は離婚騒動について沈黙を守っているのだが、「ごごナマ」への出演は続けてきた。おそらく、松居から「バイアグラ男」と罵倒されている船越のプライドはズタズタ。生放送で視聴者の好奇な目にさらされることは、“公開処刑”の状態に近いだろう。

「それでも、船越が出演を続けるのは、もし番組を降りれば、自らの不倫を認めたと取られかねないからです。NHKとしても、松居の主張を理由に船越を降板させ、後になってその主張が事実無根だったと認められれば、大問題となる。静観せざるを得ないわけです。ただし、離婚問題が調停から裁判に進んで長期化、泥沼化すれば、主婦層がターゲットの『ごごナマ』へのダメージは相当なものになる。視聴率も2~3%に低迷しているため、早期の打ち切りもあり得ます」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る