• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

息子に面会、謝罪も…高畑淳子がたどる“三田佳子の10年”

 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)の母・高畑淳子(61)が25日午前8時30分ごろ、面会のため前橋警察署を訪れた。

 着替えとみられる白いシャツを手に持ち、報道陣に対して「申し訳ありませんでした。初めて本人に会いますので、あす詳しいことを皆さまにお話しできると思います」と頭を3回下げて謝罪。署内に1時間半ほど滞在したあと、後部座席の窓にカーテンをかけたクルマでその場を立ち去った。

 26日正午から都内のホテルで会見を行う予定の高畑だが、前途は極めて厳しい。息子の裕太容疑者は番組を次々降板、強姦致傷となれば厳罰も必至だ。影響は息子だけでは終わらない。今や「国民的演技派女優」と言ってもいい高畑自身にも火の粉が及ぶのは当然だ。

「国民的女優」「息子の不祥事」となれば、真っ先に浮かぶのが三田佳子(74)の一件だ。度重なる息子の薬物事件で三田自身も画面から次々に消え、“完全復帰”までには10年以上の時を要している。今後、高畑も三田と同じ道をたどるのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る