SNSで携帯番号を公開 “怒れる男”カンニング竹山の男気

公開日: 更新日:

「色々と俺に苦情や意見がある人がいると思う」と、お笑いタレントのカンニング竹山(46)がツイッターで携帯番号を明かし、話題になっている。ネット批判にブチ切れて自ら個人情報をさらし、「色々俺にあるやつはかけて来い!」というのだ。

■時事問題、芸能界の話題も遠慮なし

 竹山といえば情報バラエティーのコメンテーターとして芸能ネタから時事問題、政治不祥事までバッサバッサと一刀両断。政治ネタ、時の政権批判は最近になってこそ口にし始めているタレントもいるが、竹山は共謀罪の強行採決に異論を唱えていただけでなく、かたや先の都議選で大勝した都民ファーストの議員に対しても疑問を投げかけたりと、歯に衣着せぬ物言いは昨日今日の付け焼き刃ではない。

 ここ数日では女性問題で経産政務官を辞任した中川俊直衆院議員について「政治家の不倫は今、辞職ラインだから、1回辞めなきゃいけないと思う」とコメントして、よくぞ言ったと茶の間の賛同を得ていた。こうした番組での存在感の高まりから、最近は政治家にしたいタレントとしても名前が浮上しているというが、決して不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る