ファンは戸惑いも…松本人志「遺書」から23年後の“変化”

公開日:  更新日:

 30日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)で、松本人志(53)が披露した“筋肉話”がファンの間で話題になっている。街を歩いていた際に見知らぬ外国人から胸筋をほめられたというエピソードで、これを見た視聴者から「松ちゃんは変わってしまった…」と困惑する声が相次いでいるのだ。

 松本はかつて細身の体型で、「芸人は見るからに弱そうな方が良い」「ケンカが弱そうなのに強気でケンカごしにしゃべるから面白いんです」と力説していたものだが、いまや別人のようなマッチョな姿に。

 松本の“変化”はそれだけではない。200万部を超えるベストセラーとなった著書「遺書」(1994年)では、<コメディアンという肩書で、歌を歌ったり、ドラマに出たりするのは、オレは違うと思う>などの持論を展開。その後、松本はドラマ「伝説の教師」(日本テレビ系)で主演を務めたほか、歌手の槇原敬之(48)の楽曲「チキンライス」で作詞を担当するなど、音楽活動も行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る