日テレ24時間マラソン 前代未聞“複数走者リレー”が急浮上

公開日: 更新日:

 歴代20人と3組のランナーが汗と涙を流してきたが、次は誰がその“重責”を担うのか。日本テレビが系列局とともに総力を挙げて取り組む夏恒例の「24時間テレビ」。今年は選考が難航し、チャリティーランナーを事前に公表しないどころか、走る本人にも本番当日まで知らせないことを宣言する事態となり、世間の関心を集めている。

 3日も有力視されるブルゾンちえみ(27)が日テレ系の情報番組に出演し、「ちょっとずつ(練習を)やり始めています」と告白したことがすぐさまネットニュースで取り上げられた。同じく本命視されているりゅうちぇる(21)に至っては、イベントで「練習してない」とトレーニングを否定しただけで大きく報じられるなど、それはもう絶大な宣伝効果が生まれている。

 候補者は「当日武道館にいる人」「走る理由がある人」というアバウトなヒントが明かされているのみ。総合司会や各パーソナリティーだけでなく、募金に来た、歌いに来たという“チョイ出演者”も該当するわけだ。ちなみにこれまで名が挙がったのは前出の2人のほか、同局の水卜麻美アナ(30)、手越祐也(29)、ANZEN漫才のみやぞん(32)、アンジャッシュの渡部建(44)、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)、ベッキー(33)あたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る