日テレ24時間マラソン 前代未聞“複数走者リレー”が急浮上

公開日: 更新日:

 歴代20人と3組のランナーが汗と涙を流してきたが、次は誰がその“重責”を担うのか。日本テレビが系列局とともに総力を挙げて取り組む夏恒例の「24時間テレビ」。今年は選考が難航し、チャリティーランナーを事前に公表しないどころか、走る本人にも本番当日まで知らせないことを宣言する事態となり、世間の関心を集めている。

 3日も有力視されるブルゾンちえみ(27)が日テレ系の情報番組に出演し、「ちょっとずつ(練習を)やり始めています」と告白したことがすぐさまネットニュースで取り上げられた。同じく本命視されているりゅうちぇる(21)に至っては、イベントで「練習してない」とトレーニングを否定しただけで大きく報じられるなど、それはもう絶大な宣伝効果が生まれている。

 候補者は「当日武道館にいる人」「走る理由がある人」というアバウトなヒントが明かされているのみ。総合司会や各パーソナリティーだけでなく、募金に来た、歌いに来たという“チョイ出演者”も該当するわけだ。ちなみにこれまで名が挙がったのは前出の2人のほか、同局の水卜麻美アナ(30)、手越祐也(29)、ANZEN漫才のみやぞん(32)、アンジャッシュの渡部建(44)、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)、ベッキー(33)あたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る