• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日テレ24時間マラソン 前代未聞“複数走者リレー”が急浮上

 歴代20人と3組のランナーが汗と涙を流してきたが、次は誰がその“重責”を担うのか。日本テレビが系列局とともに総力を挙げて取り組む夏恒例の「24時間テレビ」。今年は選考が難航し、チャリティーランナーを事前に公表しないどころか、走る本人にも本番当日まで知らせないことを宣言する事態となり、世間の関心を集めている。

 3日も有力視されるブルゾンちえみ(27)が日テレ系の情報番組に出演し、「ちょっとずつ(練習を)やり始めています」と告白したことがすぐさまネットニュースで取り上げられた。同じく本命視されているりゅうちぇる(21)に至っては、イベントで「練習してない」とトレーニングを否定しただけで大きく報じられるなど、それはもう絶大な宣伝効果が生まれている。

 候補者は「当日武道館にいる人」「走る理由がある人」というアバウトなヒントが明かされているのみ。総合司会や各パーソナリティーだけでなく、募金に来た、歌いに来たという“チョイ出演者”も該当するわけだ。ちなみにこれまで名が挙がったのは前出の2人のほか、同局の水卜麻美アナ(30)、手越祐也(29)、ANZEN漫才のみやぞん(32)、アンジャッシュの渡部建(44)、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)、ベッキー(33)あたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る