• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嫁まで暴露される人気だが…「ナスD」番組の良からぬ評判

 嫁の正体が週刊誌ネタになるほどいま最も旬なテレビマンといえば、テレビ朝日社員の友寄隆英氏(42)。紀行バラエティー「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(火曜23時15分~)の製作総指揮を務め、自ら取材スタッフとして秘境アマゾンを旅し続ける男である。現地の染料を体に塗りたくって“真っ青”に染まったことから「ナスD」の愛称で親しまれている。

「週刊ポストがナスDの妻だと報じたのは、料理研究家の森崎友紀。以前から彼女の名が取り沙汰されていましたが、テレ朝内でもバラエティー班以外の局員は『噂の域を出ない』というぐらい情報統制がなされていた。色眼鏡で見られるのが嫌だったのでしょう」(芸能ライター)

 不貞行為があったわけでもないのに私生活がニュースになるのも、番組の人気がなせる業。今月2日にGP帯で放送した特番では視聴率9%台をマークし、「ゴールデン進出の布石を打った」(テレ朝社員)と結果を出し、株も上げた。そんなイケイケドンドンのムードが漂う一方でこんな話も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る