嫁まで暴露される人気だが…「ナスD」番組の良からぬ評判

公開日:

 嫁の正体が週刊誌ネタになるほどいま最も旬なテレビマンといえば、テレビ朝日社員の友寄隆英氏(42)。紀行バラエティー「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(火曜23時15分~)の製作総指揮を務め、自ら取材スタッフとして秘境アマゾンを旅し続ける男である。現地の染料を体に塗りたくって“真っ青”に染まったことから「ナスD」の愛称で親しまれている。

「週刊ポストがナスDの妻だと報じたのは、料理研究家の森崎友紀。以前から彼女の名が取り沙汰されていましたが、テレ朝内でもバラエティー班以外の局員は『噂の域を出ない』というぐらい情報統制がなされていた。色眼鏡で見られるのが嫌だったのでしょう」(芸能ライター)

 不貞行為があったわけでもないのに私生活がニュースになるのも、番組の人気がなせる業。今月2日にGP帯で放送した特番では視聴率9%台をマークし、「ゴールデン進出の布石を打った」(テレ朝社員)と結果を出し、株も上げた。そんなイケイケドンドンのムードが漂う一方でこんな話も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る