9.11遭遇を取材 ギギ監督が語る絶体絶命からのサバイバル

公開日:

 生きるか死ぬかの瀬戸際で、人はどう行動するのか。2001年9月11日の米同時多発テロから16年、作曲家で映画監督のマルティン・ギギ氏(52)が当時テロに遭遇した100人以上に改めて取材したところ、数奇な運命が明らかになり、全米で話題になっている。このほど来日したギギ氏に聞くと、たとえ絶体絶命の窮地に追い込まれても、そこから生き残るためのヒントがあることが見えてくる。

 ――ビジネスマン、消防士、タクシードライバーらの証言で印象的だったものを挙げてください。

「ひとつはタクシードライバーの男の話です。ワールドトレードセンターには最上階にレストランがあり、あの日の朝、彼は娘を連れて、そこで食事を楽しんだ。チェックのときになって、財布を忘れていることに気がついたんですね。それでレストランに娘を待たせ、自分は地下駐車場に置いてある車のところにエレベーターで降りて、財布を取りに行った。地下に着いて、車のドアを開けて財布を手にしたとき、テロリストに乗っ取られた航空機がビルに突っ込んできたんです。エレベーターは止まり、娘さんは今も行方不明のまま。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る