9.11遭遇を取材 ギギ監督が語る絶体絶命からのサバイバル

公開日:

 生きるか死ぬかの瀬戸際で、人はどう行動するのか。2001年9月11日の米同時多発テロから16年、作曲家で映画監督のマルティン・ギギ氏(52)が当時テロに遭遇した100人以上に改めて取材したところ、数奇な運命が明らかになり、全米で話題になっている。このほど来日したギギ氏に聞くと、たとえ絶体絶命の窮地に追い込まれても、そこから生き残るためのヒントがあることが見えてくる。

 ――ビジネスマン、消防士、タクシードライバーらの証言で印象的だったものを挙げてください。

「ひとつはタクシードライバーの男の話です。ワールドトレードセンターには最上階にレストランがあり、あの日の朝、彼は娘を連れて、そこで食事を楽しんだ。チェックのときになって、財布を忘れていることに気がついたんですね。それでレストランに娘を待たせ、自分は地下駐車場に置いてある車のところにエレベーターで降りて、財布を取りに行った。地下に着いて、車のドアを開けて財布を手にしたとき、テロリストに乗っ取られた航空機がビルに突っ込んできたんです。エレベーターは止まり、娘さんは今も行方不明のまま。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る