• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9.11遭遇を取材 ギギ監督が語る絶体絶命からのサバイバル

 生きるか死ぬかの瀬戸際で、人はどう行動するのか。2001年9月11日の米同時多発テロから16年、作曲家で映画監督のマルティン・ギギ氏(52)が当時テロに遭遇した100人以上に改めて取材したところ、数奇な運命が明らかになり、全米で話題になっている。このほど来日したギギ氏に聞くと、たとえ絶体絶命の窮地に追い込まれても、そこから生き残るためのヒントがあることが見えてくる。

 ――ビジネスマン、消防士、タクシードライバーらの証言で印象的だったものを挙げてください。

「ひとつはタクシードライバーの男の話です。ワールドトレードセンターには最上階にレストランがあり、あの日の朝、彼は娘を連れて、そこで食事を楽しんだ。チェックのときになって、財布を忘れていることに気がついたんですね。それでレストランに娘を待たせ、自分は地下駐車場に置いてある車のところにエレベーターで降りて、財布を取りに行った。地下に着いて、車のドアを開けて財布を手にしたとき、テロリストに乗っ取られた航空機がビルに突っ込んできたんです。エレベーターは止まり、娘さんは今も行方不明のまま。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事