• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高畑裕太で“お蔵入り”から1年…運を味方にした真野恵里菜

 昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕(不起訴処分)された俳優・高畑裕太(23)の名前が久しぶりに取り沙汰されている。

 もちろん、復帰とかの類いではない。一連の事件が原因で撮影が中断となり、お蔵入り確実ともいわれていた映画「青の帰り道」が再起動。高畑の代役として、ブレーク予備軍に名を連ねる若手の戸塚純貴(25)が決まり、撮り直しを行っているというものである。

 なかでも、同映画の主演を務める真野恵里菜(26)は喜びもひとしおだろう。14日付の自身のブログでは〈泣かないはずだったのに〉と題し、明言は避けているもののハッシュタグをつけて、#楽しさ#嬉しさ#悲しさ#悔しさ#もどかしさ#全てを味わった#夏の戦友たち#ありがとうなどと投稿。併せて、青いバラの画像をアップしている。青いバラの花言葉は「夢かなう」――。

 公開が白紙になったときには「表だって怒りや悔しさを出せず、もっとも割を食ったのは真野だった」(ワイドショー関係者)という声も上がり、業界のみならず、ファンや世間から同情を集めた。しかし、映画の撮影が中断し得したこともあるようで……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る