高畑裕太で“お蔵入り”から1年…運を味方にした真野恵里菜

公開日:

 昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕(不起訴処分)された俳優・高畑裕太(23)の名前が久しぶりに取り沙汰されている。

 もちろん、復帰とかの類いではない。一連の事件が原因で撮影が中断となり、お蔵入り確実ともいわれていた映画「青の帰り道」が再起動。高畑の代役として、ブレーク予備軍に名を連ねる若手の戸塚純貴(25)が決まり、撮り直しを行っているというものである。

 なかでも、同映画の主演を務める真野恵里菜(26)は喜びもひとしおだろう。14日付の自身のブログでは〈泣かないはずだったのに〉と題し、明言は避けているもののハッシュタグをつけて、#楽しさ#嬉しさ#悲しさ#悔しさ#もどかしさ#全てを味わった#夏の戦友たち#ありがとうなどと投稿。併せて、青いバラの画像をアップしている。青いバラの花言葉は「夢かなう」――。

 公開が白紙になったときには「表だって怒りや悔しさを出せず、もっとも割を食ったのは真野だった」(ワイドショー関係者)という声も上がり、業界のみならず、ファンや世間から同情を集めた。しかし、映画の撮影が中断し得したこともあるようで……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る