• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戦争映画で脱走兵役 満島真之介が対峙した“自分のルーツ”

 いまや人気俳優のひとりだ。満島真之介、28歳。この夏公開の映画「STAR SAND―星砂物語―」(ロジャー・パルバース監督、4日~)では、太平洋戦争末期、戦火を逃れ、洞窟に身を隠す日本人の脱走兵を演じた。物語の舞台は沖縄・伊江島。沖縄出身である満島は、自らのルーツと向き合うことになった。

「僕はこれまで沖縄を舞台とした作品に携わったことはほとんどありませんでした。役者というより、ひとりの人間として、まだ太刀打ちができない、生半可な気持ちで触れられないと思っていたんです。それが、昨年、ロジャー監督から話をいただいて“今”だなって思いました。アイデンティティーと向き合い続ける日々の中で、挑戦する勇気が湧いてきていた時だったんです。表現者としてもいい軌道に乗ってきたタイミングというのもありました。沖縄から離れ、外から見ていた故郷にもう一度向き合いたい、映画という希望の詰まった場所から何かを提示できるかもしれないと感じたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る