戦争映画で脱走兵役 満島真之介が対峙した“自分のルーツ”

公開日: 更新日:

 いまや人気俳優のひとりだ。満島真之介、28歳。この夏公開の映画「STAR SAND―星砂物語―」(ロジャー・パルバース監督、4日~)では、太平洋戦争末期、戦火を逃れ、洞窟に身を隠す日本人の脱走兵を演じた。物語の舞台は沖縄・伊江島。沖縄出身である満島は、自らのルーツと向き合うことになった。

「僕はこれまで沖縄を舞台とした作品に携わったことはほとんどありませんでした。役者というより、ひとりの人間として、まだ太刀打ちができない、生半可な気持ちで触れられないと思っていたんです。それが、昨年、ロジャー監督から話をいただいて“今”だなって思いました。アイデンティティーと向き合い続ける日々の中で、挑戦する勇気が湧いてきていた時だったんです。表現者としてもいい軌道に乗ってきたタイミングというのもありました。沖縄から離れ、外から見ていた故郷にもう一度向き合いたい、映画という希望の詰まった場所から何かを提示できるかもしれないと感じたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る