巨匠・大林宣彦監督 余命6カ月末期がんから奇跡回復の源

公開日: 更新日:

 映画「時をかける少女」などで知られる日本映画の巨匠、大林宣彦監督(79)がステージ4の肺がんから、奇跡的回復を成し遂げた。昨年8月にがんが見つかり、医師から「余命6カ月」と宣告されてちょうど1年、このほどTBS系バラエティー「爆報!THEフライデー」に出演した監督は「いろんな薬が効いて、いろんな奇跡が起きています」とし、「今や余命は未定。あと30年は映画を撮りますよ」と笑顔で宣言したのだ。

 どんな薬が効いたのか、具体的に明かしてはいないが、医療関係者によると最近はさまざまなタイプの抗がん剤が登場して治療に役立ち、それらをうまく使えば5年生存率が延びると期待されているという。大林監督には「がん細胞の特異な性質を分子レベルでとらえて、そこに効率よく作用するようにつくられた分子標的薬が使われたのではないか」という説もあるが、「薬と負けず劣らずの効果があったんじゃないか」ともっぱらなのが、その前向きでポジティブな姿勢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る