米国移住26年 野沢直子がもの申す「日本に戻ると窮屈」

公開日:

 アメリカに移住して26年、夏の“出稼ぎ芸人”生活もすっかり板についた野沢直子(54)。豊田議員と松居一代が話題を独占した今夏を“ババアの暑い夏”と命名し、野沢自身も参戦を試みたが……。

「それにしても帰国したら、豊田議員、松居一代さんと強烈なキャラ揃いで笑いました。ババアの3人目に入ろうと思ったら、石原真理子さんに先越されちゃって。全盛期をよく知っているだけに、注目のされ方が面白くて笑えました。

 最近仕事で会った方でインパクトの大きかった人といえば、岩井志麻子さんとひふみん(加藤一二三・元棋士)。岩井さんは赤裸々すぎる下ネタトークで、80年代育ちの私も引くほど。規制が全くなくて衝撃的でしたね。ひふみんは、あれだけ鼻毛がボーボーに生えていても不潔に見えないのはすごいなと。ところが、テレビ局のメークルームでお会いしたら、鼻毛のことを指摘されたらしくて、鼻毛をカットしていたんです。『切らないで!』って思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る