「黒革の手帳」も好調 武井咲は入籍妊娠で“最強ママ”に

公開日:

 女優の武井咲(23)とEXILEのボーカルTAKAHIRO(32)との入籍が報じられた。しかも武井は妊娠中で、来年にはママになるというからびっくりだ。

 2014年に出演したドラマをきっかけに仲を深め人知れず愛をはぐくんでいたが、ドラマでもしっかり結果を残している。主演ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系、木曜21時)が今クール平均視聴率トップ3にランクイン。放送6回目まで終え、平均11%台を維持しているのは立派である。

 好調の要因は何か。コラムニストの桧山珠美氏は「“ドラマはホン”だと思わせる脚本力」と、こう続ける。

「松本清張の骨太かつ重厚な世界観を守りながらも、単なる焼き直しではなく、加計学園問題を彷彿とさせる内容を取り入れるなど時代とコミットさせた脚本は率直に面白い。ヒロインの原口元子はいまどき珍しいチョー野心家ですが、今作では借金に苦しむ親に育てられた出自に加え、成人して銀行で働くも不当かつ非情な派遣切りに遭ったという設定にし、その人物像を丁寧に描いた。おかげで若くてもカネに執着するリアリティーが生まれ、歴代ヒロインで最年少という武井の起用も不自然に感じることはありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る