米倉は悪女で飛躍 武井咲「黒革の手帖」で見せる小悪魔力

公開日:

 米倉涼子(41)主演で2004年にドラマ化されたテレビ朝日系「黒革の手帖」。20日に米倉と同じ事務所の後輩、武井咲(23)で17年版がスタートしたが、評判はどうか。

「銀行の借名口座のリストをもとに1億8000万円を横領、銀座でクラブを始める“悪女”元子を武井が演じ切ることができるか心配する声がありましたが、期待以上のデキだと思います。これまでいい人を演じてきた武井ですが、むしろキャラがはっきりしている今回の方がハマリ役では。米倉ほどの貫禄はありませんが、武井の“小悪魔”元子も魅力的。派遣切りした上司にタンカを切るところなど迫力がありました。野心に満ちた瞳がいいですね。初回であっという間にママになるというスピーディーな展開も今の時代に合ってるのでは」(ドラマウオッチャー)

 初回の視聴率は11.7%。スタート前は「武井には悪女は無理」と思われていたせいか、視聴率は伸びなかったが、27日の2回目は12.3%とアップ。今後は右肩上がりの可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る