仕事は絶好調も…上戸彩に囁かれる“離婚危機説”の行方

公開日: 更新日:

 どこぞの姐さんか? そう見まがうほど貫禄を漂わせていたのは、女優の上戸彩(31)。24日に行われた「アートアクアリウム2017」開催概要発表記者会見に薄桃色のあでやかな着物姿で登場した。

 同イベントの広報大使は3年前にも務めており、今回で2度目。ふたたび起用したくなる魅力を持ち合わせているのだろう。これまでも衣料、不動産、携帯、化粧品、食品など多業種のCMキャラクターを務め、CM女王のタイトルも欲しいままにしてきた。

 しかも10年以上起用され続けている企業の多いこと。この日はライティングされた巨大な金魚鉢のセットに合わせて、金魚をかたどった帯留めを披露。「珊瑚の帯留めなんですが、値段は付けられないと言われました」とちゃめっ気たっぷりに説明し、トーク力の高さもうかがわせたのだった。

 来月10日には主演映画「昼顔」の公開が控えている。斎藤工(35)を相手に夫の目を盗んで不貞の愛に溺れる女性を演じたドラマの劇場版。コマーシャルに加え、本業の芝居でも再登板となり、まさに絶好調だが、昨年から離婚危機説が囁かれているプライベートのその後はどうなっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る