仕事は絶好調も…上戸彩に囁かれる“離婚危機説”の行方

公開日: 更新日:

 どこぞの姐さんか? そう見まがうほど貫禄を漂わせていたのは、女優の上戸彩(31)。24日に行われた「アートアクアリウム2017」開催概要発表記者会見に薄桃色のあでやかな着物姿で登場した。

 同イベントの広報大使は3年前にも務めており、今回で2度目。ふたたび起用したくなる魅力を持ち合わせているのだろう。これまでも衣料、不動産、携帯、化粧品、食品など多業種のCMキャラクターを務め、CM女王のタイトルも欲しいままにしてきた。

 しかも10年以上起用され続けている企業の多いこと。この日はライティングされた巨大な金魚鉢のセットに合わせて、金魚をかたどった帯留めを披露。「珊瑚の帯留めなんですが、値段は付けられないと言われました」とちゃめっ気たっぷりに説明し、トーク力の高さもうかがわせたのだった。

 来月10日には主演映画「昼顔」の公開が控えている。斎藤工(35)を相手に夫の目を盗んで不貞の愛に溺れる女性を演じたドラマの劇場版。コマーシャルに加え、本業の芝居でも再登板となり、まさに絶好調だが、昨年から離婚危機説が囁かれているプライベートのその後はどうなっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)