仕事は絶好調も…上戸彩に囁かれる“離婚危機説”の行方

公開日:

 どこぞの姐さんか? そう見まがうほど貫禄を漂わせていたのは、女優の上戸彩(31)。24日に行われた「アートアクアリウム2017」開催概要発表記者会見に薄桃色のあでやかな着物姿で登場した。

 同イベントの広報大使は3年前にも務めており、今回で2度目。ふたたび起用したくなる魅力を持ち合わせているのだろう。これまでも衣料、不動産、携帯、化粧品、食品など多業種のCMキャラクターを務め、CM女王のタイトルも欲しいままにしてきた。

 しかも10年以上起用され続けている企業の多いこと。この日はライティングされた巨大な金魚鉢のセットに合わせて、金魚をかたどった帯留めを披露。「珊瑚の帯留めなんですが、値段は付けられないと言われました」とちゃめっ気たっぷりに説明し、トーク力の高さもうかがわせたのだった。

 来月10日には主演映画「昼顔」の公開が控えている。斎藤工(35)を相手に夫の目を盗んで不貞の愛に溺れる女性を演じたドラマの劇場版。コマーシャルに加え、本業の芝居でも再登板となり、まさに絶好調だが、昨年から離婚危機説が囁かれているプライベートのその後はどうなっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る