朝ドラ「わろてんか」 子役使わず松坂桃李を起用の狙い

公開日: 更新日:

 もっとも、松坂の起用について「カッコ良いから」(前出の後藤CP)と話すように、松坂のイケメン効果も狙った部分もあるだろう。初回から起用することで主婦層の支持を得て、スタートダッシュも期待できる。

 新井からバトンを受け、第6回放送の後半から登場する葵わかな(19)は「(台本の)文字で見るより賑やかなドラマになっていました。“小てんちゃん”の笑顔はチャーミングで、てんそのもの。自分自身が出てきた時にも同じ人に見えて良かったです」と安堵の表情を浮かべていた。

 放送中の「ひよっこ」は前半戦で視聴率20%の大台割れが続き、苦戦を強いられた。次作「わろてんか」の先手必勝の効果はいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る