日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菜々緒より上? 朝ドラで注目の“ドS女優”シシド・カフカ

「菜々緒のひとり勝ち状態だった“ドSキャラ”枠に強力なライバルが出現したなあと。毎朝、注目しながら見ています」(コラムニストの桧山珠美氏)

 今月から東京・赤坂へ舞台を移したNHK朝ドラ「ひよっこ」。新顔の出演者がゾクゾクと投入されるなか、ひときわ異彩を放っているのが、シシド・カフカ(32)だ。有村架純(24)演じる主人公の下宿先「あかね荘」の住民のひとりで、誰彼構わずズバズバと物を言う有楽町OLを演じている。

 国籍も性別さえもミステリアスな芸名だが、純日本人の大和撫子。

 メキシコ生まれでアルゼンチン育ちだが、宍戸姓で佑名という愛らしい名の持ち主でもある。歌手とドラマーを生業とし、長身スレンダーな体形を生かしモデルとしても活躍しており、沢尻エリカ(31)主演のマウンティングドラマ「ファーストクラス」(14年、フジテレビ系)に出演して以来、役者業にも進出。続く「視覚探偵 日暮旅人」(17年、日本テレビ系)、そして「ひよっこ」とドSキャラ3連チャンでその勢いはとどまることを知らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事