菜々緒より上? 朝ドラで注目の“ドS女優”シシド・カフカ

公開日:  更新日:

「菜々緒のひとり勝ち状態だった“ドSキャラ”枠に強力なライバルが出現したなあと。毎朝、注目しながら見ています」(コラムニストの桧山珠美氏)

 今月から東京・赤坂へ舞台を移したNHK朝ドラ「ひよっこ」。新顔の出演者がゾクゾクと投入されるなか、ひときわ異彩を放っているのが、シシド・カフカ(32)だ。有村架純(24)演じる主人公の下宿先「あかね荘」の住民のひとりで、誰彼構わずズバズバと物を言う有楽町OLを演じている。

 国籍も性別さえもミステリアスな芸名だが、純日本人の大和撫子。

 メキシコ生まれでアルゼンチン育ちだが、宍戸姓で佑名という愛らしい名の持ち主でもある。歌手とドラマーを生業とし、長身スレンダーな体形を生かしモデルとしても活躍しており、沢尻エリカ(31)主演のマウンティングドラマ「ファーストクラス」(14年、フジテレビ系)に出演して以来、役者業にも進出。続く「視覚探偵 日暮旅人」(17年、日本テレビ系)、そして「ひよっこ」とドSキャラ3連チャンでその勢いはとどまることを知らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る