• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秀山祭大歌舞伎 叔父が書いた“新作”を市川染五郎が演じる

投稿日:

 9月の歌舞伎座は毎年「秀山祭」。初代中村吉右衛門を偲ぶ公演で、今年で10回目となる。初代は俳句もたしなみ、「秀山」はその俳名。

 初代の孫で養子(ややっこしいが)の当代(二代目)吉右衛門が座頭となり、初代が得意とした芸を披露し、次の世代へ伝えるのを目的としている。今年も初代の当たり役の「毛谷村」「幡随院長兵衛」「逆櫓」などが演目に並ぶ。

 名作で名演だが、どれも数年に一度は上演されているものなので新鮮味に乏しい。そのせいか、客の入りはいまひとつだが、夜の部の「再桜遇清水」(さいかいざくらみそめのきよみず)は、1985年に当代吉右衛門が脚本を書いて大阪で初演し、東京では初の上演となる「準新作」。

 歌舞伎座は7月、8月と新作が続き、10月もインド神話を原作にした「マハーバーラタ戦記」が予定されるなど、新作ラッシュだ。どれも、それぞれの役者と作家が、現代に歌舞伎の新作を作ることの意味を考え、結果としては、全く異なるアプローチの新しい歌舞伎が次々と生まれており、見逃せない状況にある。今月の「再桜遇清水」は、その中では目立たないが、最も「普通の歌舞伎」らしいので「新奇な新作」に飽きた人には、本来の歌舞伎が楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る