• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秀山祭大歌舞伎 叔父が書いた“新作”を市川染五郎が演じる

 9月の歌舞伎座は毎年「秀山祭」。初代中村吉右衛門を偲ぶ公演で、今年で10回目となる。初代は俳句もたしなみ、「秀山」はその俳名。

 初代の孫で養子(ややっこしいが)の当代(二代目)吉右衛門が座頭となり、初代が得意とした芸を披露し、次の世代へ伝えるのを目的としている。今年も初代の当たり役の「毛谷村」「幡随院長兵衛」「逆櫓」などが演目に並ぶ。

 名作で名演だが、どれも数年に一度は上演されているものなので新鮮味に乏しい。そのせいか、客の入りはいまひとつだが、夜の部の「再桜遇清水」(さいかいざくらみそめのきよみず)は、1985年に当代吉右衛門が脚本を書いて大阪で初演し、東京では初の上演となる「準新作」。

 歌舞伎座は7月、8月と新作が続き、10月もインド神話を原作にした「マハーバーラタ戦記」が予定されるなど、新作ラッシュだ。どれも、それぞれの役者と作家が、現代に歌舞伎の新作を作ることの意味を考え、結果としては、全く異なるアプローチの新しい歌舞伎が次々と生まれており、見逃せない状況にある。今月の「再桜遇清水」は、その中では目立たないが、最も「普通の歌舞伎」らしいので「新奇な新作」に飽きた人には、本来の歌舞伎が楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る