秀山祭大歌舞伎 叔父が書いた“新作”を市川染五郎が演じる

公開日:

 9月の歌舞伎座は毎年「秀山祭」。初代中村吉右衛門を偲ぶ公演で、今年で10回目となる。初代は俳句もたしなみ、「秀山」はその俳名。

 初代の孫で養子(ややっこしいが)の当代(二代目)吉右衛門が座頭となり、初代が得意とした芸を披露し、次の世代へ伝えるのを目的としている。今年も初代の当たり役の「毛谷村」「幡随院長兵衛」「逆櫓」などが演目に並ぶ。

 名作で名演だが、どれも数年に一度は上演されているものなので新鮮味に乏しい。そのせいか、客の入りはいまひとつだが、夜の部の「再桜遇清水」(さいかいざくらみそめのきよみず)は、1985年に当代吉右衛門が脚本を書いて大阪で初演し、東京では初の上演となる「準新作」。

 歌舞伎座は7月、8月と新作が続き、10月もインド神話を原作にした「マハーバーラタ戦記」が予定されるなど、新作ラッシュだ。どれも、それぞれの役者と作家が、現代に歌舞伎の新作を作ることの意味を考え、結果としては、全く異なるアプローチの新しい歌舞伎が次々と生まれており、見逃せない状況にある。今月の「再桜遇清水」は、その中では目立たないが、最も「普通の歌舞伎」らしいので「新奇な新作」に飽きた人には、本来の歌舞伎が楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る