日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海老蔵に再婚はあるのか? 成田屋を待ち受ける2020年問題

「まお……あの日から1ヶ月、 涙の出ない日が来ない」

 22日、フリーアナウンサーの小林麻央(享年34)が乳がんで逝去して初めての月命日について、夫の市川海老蔵(39)がブログにこう記した。海老蔵と息子の勸玄くん(4)は歌舞伎座の「七月大歌舞伎」で連日“宙乗り”の偉業を成し遂げている。

「勸玄くんはセリフを増やしたり、宙乗りの間に手を振る余裕も見せていて、ますます役者然としてきました。これで成田屋も一安心といったところでしょう」(演劇関係者)

 そんな中、囁かれるのが海老蔵の再婚話である。麻央の姉で、フリーアナウンサーの小林麻耶(38)らの名前が挙がっているという。なぜ、これだけ話題になるのか。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「海老蔵さん、勸玄くんの『ダブル襲名披露』が2020年ごろにあるといわれているからです。『團十郎』を襲名するとなれば、成田屋はもとより、松竹を挙げての大興行になる。市川宗家は歌舞伎界の中でも別格。襲名には多額の資金も必要ですし、そばで支えてくれる“梨園の妻”がいなくては襲名披露は不可能といわれています」

 海老蔵の助けとなる人は現れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事