女子アナも激怒 とんねるず「保毛男」騒動でフジに正念場

公開日: 更新日:

 28日に放送されたフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の特番で、石橋貴明(55)が扮したキャラクター「保毛尾田保毛男」についての騒動が拡大している。男性の同性愛者を揶揄するキャラクターで、28年ぶりに登場したのだが、不快感を示す視聴者が続出。放送の翌日に定例会見を行ったフジの宮内正喜社長も謝罪に追い込まれた。

 以前とは違い、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)など性的マイノリティーに対する理解が高まる中、「ホモ」を笑い飛ばす内容は、あまりにも配慮に欠けた放送だった。フジでは、今年5月に社屋をレインボーカラーにライトアップする企画を行うなど、LGBTへの理解を呼びかけてきただけに、残念に思った人も多かったはずだ。“身内”であるフジの女子アナからも、怒りの声が上がっている。

「フジが運営するニュースサイト『ホウドウキョク』に出演する阿部知代さんが、ツイッターで、今回の騒動を報じるニュースをリツイートしたんです。暗に自局のことを批判している。異例のことです。阿部さんは社屋をライトアップする企画にも関わっていた。よほど、腹に据えかねるものがあったのでしょう」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る