• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ打ち上げで失踪…真木よう子“炎上”の深刻ダメージ

 ツイッター削除などで世間を騒がせている、真木よう子(34)の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が7日、平均視聴率4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で最終回を終えた。スタートから波乱含みの本作だったが、なんと打ち上げの最中に真木が失踪するというトンデモ事件まで起きていたという。

 発売中の「女性自身」によると、最終回放送日の7日に予定していた打ち上げを、一連の騒動から4日に早め、会場も店からフジテレビ内に変更。宴の終盤、プロデューサーが挨拶する段になって主演の真木がいないことが発覚。バッグも置いたままで、その後、2次会にも現れなかったという。

 真木は「視聴率3.8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください」とツイッターで公表して大炎上。

 その後は収録もドタキャンするなどメンタルも不安視されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事