• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

爆問太田vs松本人志はネタか? 芸能界「共演NG」の真実

 爆笑問題の太田光(52)が、かねて不仲説のあるダウンタウンの松本人志(54)について「大っ嫌いですよ」と言ってのけた。5日のテレビ生放送中のことだけに、波紋が広がっている。民放のある編成担当者がこう言う。

「太田さんクラスということもありますが、嫌い発言によって、すぐに問題になるということはないでしょう。そもそも芸能界には共演NGというものがあり、そうしたタレント同士は組まないようにしています。たまに局の廊下でニアミスというときも、スタッフが気を使って、顔を合わせないようにしているんです」

 たとえば爆笑問題の太田ならダウンタウン、とんねるず、浅草キッドの水道橋博士(55)と相性が悪い。

「その他、有名なところでは和田アキ子さん。そのときどきによって、共演NGリストというのが出回ります。また、同じジャニーズであっても、SMAPと嵐はNGでした。派閥が違って、ジャニーズが両グループを一度に出さなかったというのもありますが、共演という話になってもスタッフはどっちを立てていいのか分からず、右往左往してしまい、お願いしたくないのが本音。木村拓哉と二宮和也が来年公開の映画『検察側の罪人』で共演が実現しますが、スタッフの苦労がしのばれます」(前出の編成担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る