爆問太田vs松本人志はネタか? 芸能界「共演NG」の真実

公開日: 更新日:

 爆笑問題の太田光(52)が、かねて不仲説のあるダウンタウンの松本人志(54)について「大っ嫌いですよ」と言ってのけた。5日のテレビ生放送中のことだけに、波紋が広がっている。民放のある編成担当者がこう言う。

「太田さんクラスということもありますが、嫌い発言によって、すぐに問題になるということはないでしょう。そもそも芸能界には共演NGというものがあり、そうしたタレント同士は組まないようにしています。たまに局の廊下でニアミスというときも、スタッフが気を使って、顔を合わせないようにしているんです」

 たとえば爆笑問題の太田ならダウンタウン、とんねるず、浅草キッドの水道橋博士(55)と相性が悪い。

「その他、有名なところでは和田アキ子さん。そのときどきによって、共演NGリストというのが出回ります。また、同じジャニーズであっても、SMAPと嵐はNGでした。派閥が違って、ジャニーズが両グループを一度に出さなかったというのもありますが、共演という話になってもスタッフはどっちを立てていいのか分からず、右往左往してしまい、お願いしたくないのが本音。木村拓哉と二宮和也が来年公開の映画『検察側の罪人』で共演が実現しますが、スタッフの苦労がしのばれます」(前出の編成担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る