日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピコ太郎と武道館凍りつかせた 太田光の“芸能界ドン”ネタ

「PPAP」が世界的にヒットしたピコ太郎が日本武道館で初の単独ライブを開催したのは6日のこと。スポーツ紙などによると、集まったファン7000人のうち子供は2~3割で、チケット代は大人も子供も同一料金で5940円。

「PPAP」は1分ほどしか長さがないが11バージョンを披露。くりぃむしちゅー、爆笑問題、五木ひろし、CMで共演する高須クリニックの高須克弥院長ら13組46人のゲストとコラボし、なんとか2時間超のステージを乗りきったのだが……。

「チケットの売れ行きを危惧し武道館では中規模クラスの7000席で座席数を抑えた。何種類も売られていたグッズの中で完売になったのはペンライトぐらい。『キッズエリア』が設けられていたが、時間が経過するにつれて飽き始める子供が続出。寝ている子供もいました」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事