太田光vs茂木健一郎 “日本のお笑いオワコン”論争の着地点

公開日:

「うるせえよバカ」と、爆笑問題の太田光(51)が7日深夜のラジオでほえた。脳科学者の茂木健一郎氏(54)がツイッターで「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」などと批判していることに対してである。

 オワコンとは「終わったコンテンツ」といった意味で、茂木氏は「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れている」と続けている。

 対する太田は先の米アカデミー賞授賞式でトランプ大統領批判が相次いだことを挙げ、「政治風刺がいかにもいいって言うけれど、政治を風刺するネタを見たけりゃ、地下にいくらでもいますよ」と反論。自分は安倍首相らをネタにしていることも主張しつつ、「我々も若手の頃は放送禁止ライブだなんだってやってたけど、そんなやつは出て来られないですよ」とTV界の現状を吐露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る