日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

太田光vs茂木健一郎 “日本のお笑いオワコン”論争の着地点

「うるせえよバカ」と、爆笑問題の太田光(51)が7日深夜のラジオでほえた。脳科学者の茂木健一郎氏(54)がツイッターで「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」などと批判していることに対してである。

 オワコンとは「終わったコンテンツ」といった意味で、茂木氏は「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れている」と続けている。

 対する太田は先の米アカデミー賞授賞式でトランプ大統領批判が相次いだことを挙げ、「政治風刺がいかにもいいって言うけれど、政治を風刺するネタを見たけりゃ、地下にいくらでもいますよ」と反論。自分は安倍首相らをネタにしていることも主張しつつ、「我々も若手の頃は放送禁止ライブだなんだってやってたけど、そんなやつは出て来られないですよ」とTV界の現状を吐露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事