• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ東の池上無双に他局布陣は 民放選挙特番は戦国モード

 結局、「報ステ」の富川と小川彩佳のコンビに政治ジャーナリストの後藤謙次氏、「サタデーステーション」から高島彩、「サンデーステーション」から長野智子らを起用する“オールステーション”体制で本番に臨むことになった。

 TBSも似たような悩みを抱えている。夕方のニュース番組「Nスタ」を担当する同局の井上貴博アナとタレントのホラン千秋を司会に据えて、「NEWS23」の星浩キャスターが解説を担当することを発表したが、「これで数字が取れるのか?」という声が上がっているからだ。

「視聴率が好調な『ひるおび!』司会の恵俊彰を起用するプランもあったが、報道と情報番組でスタッフ間の関係もビミョー。いまひとつまとまらない。視聴率でいえば恵に軍配が上がりますが、どうなることやら……」(放送作家)

 フジテレビはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る