元フジの中井美穂アナ 野球選手と結婚→寿退社の先駆者

公開日:  更新日:

 1980年代から現在まで局アナからフリーへと転身した女子アナが今もテレビで活躍している。その履歴を振り返るクロニクル!1回目はその先陣を切った元フジテレビの中井美穂(52)。

 女子アナブームを仕掛けたのは“楽しくなければテレビじゃない!”のフレーズで、80年代にバラエティーで独り勝ちしたフジテレビ。実はそれまでは「女子アナ」という呼称はなく、同局の露木茂(当時)が「女子アナ」と呼んだのが最初ともいわれているが、それで広まったのかは不明。

 当時、フジの看板は中井美穂。87年に入社、「入社試験で化粧をしなかったのは君が初めてだ」と鹿内春雄会長が言ったとか。この年は国鉄が民営化してJRが誕生。バブル経済の中、ファミコンが大ブーム、携帯電話が発売され、銀座では1坪が1億円を突破して話題になった。後の「27時間テレビ」となる「一億人のテレビ夢列島」もスタート。世間もテレビも金を使い放題で浮かれていた時代だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る