元フジの中井美穂アナ 野球選手と結婚→寿退社の先駆者

公開日:  更新日:

 1980年代から現在まで局アナからフリーへと転身した女子アナが今もテレビで活躍している。その履歴を振り返るクロニクル!1回目はその先陣を切った元フジテレビの中井美穂(52)。

 女子アナブームを仕掛けたのは“楽しくなければテレビじゃない!”のフレーズで、80年代にバラエティーで独り勝ちしたフジテレビ。実はそれまでは「女子アナ」という呼称はなく、同局の露木茂(当時)が「女子アナ」と呼んだのが最初ともいわれているが、それで広まったのかは不明。

 当時、フジの看板は中井美穂。87年に入社、「入社試験で化粧をしなかったのは君が初めてだ」と鹿内春雄会長が言ったとか。この年は国鉄が民営化してJRが誕生。バブル経済の中、ファミコンが大ブーム、携帯電話が発売され、銀座では1坪が1億円を突破して話題になった。後の「27時間テレビ」となる「一億人のテレビ夢列島」もスタート。世間もテレビも金を使い放題で浮かれていた時代だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る