蛭子さんがライバル視 “キャラ似”ひふみんがTV界で接近中

公開日:

 今年6月に将棋棋士を引退したばかりの、ひふみんこと加藤一二三・九段(77)。引退後、ワタナベエンターテインメントに所属してタレント活動をスタートさせた。うな重と板チョコが好物のこの“新人タレント”をライバル視しているのが、ベテラン漫画家で俳優の蛭子能収(70)だという。

「蛭子さんは、女性週刊誌に連載中の人生相談欄の中で、同期のライバルの出世に悩む相談者へ答え、『今のオレにとってただ者ではない相手が将棋界の加藤一二三さんです』と告白しています」(芸能担当記者)

 なるほど、いまや両人とも個性的なキャラを売りに、バラエティー番組に引っ張りダコ。とはいえ、出身こそ同じ九州(加藤は福岡県、蛭子は長崎県)だが、年齢は喜寿と古希だし、経歴は熟練の勝負師(元棋士)と、漫画家&俳優だ。いや、蛭子さんの場合は、強そうじゃないがギャンブラー(ボートと麻雀)としての顔もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る