蛭子さんがライバル視 “キャラ似”ひふみんがTV界で接近中

公開日:

 今年6月に将棋棋士を引退したばかりの、ひふみんこと加藤一二三・九段(77)。引退後、ワタナベエンターテインメントに所属してタレント活動をスタートさせた。うな重と板チョコが好物のこの“新人タレント”をライバル視しているのが、ベテラン漫画家で俳優の蛭子能収(70)だという。

「蛭子さんは、女性週刊誌に連載中の人生相談欄の中で、同期のライバルの出世に悩む相談者へ答え、『今のオレにとってただ者ではない相手が将棋界の加藤一二三さんです』と告白しています」(芸能担当記者)

 なるほど、いまや両人とも個性的なキャラを売りに、バラエティー番組に引っ張りダコ。とはいえ、出身こそ同じ九州(加藤は福岡県、蛭子は長崎県)だが、年齢は喜寿と古希だし、経歴は熟練の勝負師(元棋士)と、漫画家&俳優だ。いや、蛭子さんの場合は、強そうじゃないがギャンブラー(ボートと麻雀)としての顔もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る