鶴岡八幡宮へ50万円奉納 蛭子能収さんの“ほっこり夫婦愛”

公開日: 更新日:

「いやあ、ビックリしました。あのエビスさんが神頼みとはねえ」

 名前に気が付いた参拝客は口々にこう話しているという。

 神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮――。日本三大八幡宮のひとつに数えられる同神社には約500メートル続く「段葛」と呼ばれる参道があり、両脇には灯籠石が等間隔で置かれている。石には寄進した人の名前が彫られているが、そのひとつに「蛭子能収」の4文字が。隣には妻の名前もあった。

 大のギャンブル好きで、趣味はボートレースと麻雀。それだけに、「エビスさんに信仰心があったのか」「ギャンブルの願掛けか」「大病でも患ったのか」と勘繰られるのもムリはない。

 しかも、鶴岡八幡宮によれば、奉納金は「灯籠一基につき50万円(一基で2人まで連名)」。漫画家としてはともかく、路線バスの旅で再ブレークし、日めくりカレンダーまで発売。バラエティー番組に引っ張りダコではあるが、決して安い金額ではないからだ。“ドケチ”でも知られているだけに、一体どんな心境の変化があったのか。マネジャーに問い合わせると……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    甲子園目指す強豪校選手が“代替大会”に乗り気ではない理由

もっと見る