鶴岡八幡宮へ50万円奉納 蛭子能収さんの“ほっこり夫婦愛”

公開日:  更新日:

「いやあ、ビックリしました。あのエビスさんが神頼みとはねえ」

 名前に気が付いた参拝客は口々にこう話しているという。

 神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮――。日本三大八幡宮のひとつに数えられる同神社には約500メートル続く「段葛」と呼ばれる参道があり、両脇には灯籠石が等間隔で置かれている。石には寄進した人の名前が彫られているが、そのひとつに「蛭子能収」の4文字が。隣には妻の名前もあった。

 大のギャンブル好きで、趣味はボートレースと麻雀。それだけに、「エビスさんに信仰心があったのか」「ギャンブルの願掛けか」「大病でも患ったのか」と勘繰られるのもムリはない。

 しかも、鶴岡八幡宮によれば、奉納金は「灯籠一基につき50万円(一基で2人まで連名)」。漫画家としてはともかく、路線バスの旅で再ブレークし、日めくりカレンダーまで発売。バラエティー番組に引っ張りダコではあるが、決して安い金額ではないからだ。“ドケチ”でも知られているだけに、一体どんな心境の変化があったのか。マネジャーに問い合わせると……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る