テレ東「バス旅」復活か “犬猿の仲”太川&蛭子が歩み寄り

公開日:

 あの名コンビが復活か――。今年1月2日の放送で打ち切りとなったテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。歌手の太川陽介(58)と漫画家の蛭子能収(69)の掛け合いで人気を博し、2007年の番組スタート以来、視聴率は常に2桁をキープする人気番組だった。

「視聴率同様、優れていたのがコストパフォーマンスの良さです。制作費も1本当たり、出演者のギャラ込みで700万円。この額は、キー局のゴールデンタイムの1時間バラエティー番組の半分以下。CM料金も“テレ東価格”のため、フジテレビやTBSに出稿していたスポンサーは、何とか“乗り換え”ようと、一時は熾烈な争奪戦が繰り広げられました」(番組制作会社関係者)

 まさに“お宝コンテンツ”だった同番組は、なぜ終わってしまったのか。

「蛭子さんが太川さんを毛嫌いしていたからです。性格的に合わないらしく、収録前から口げんかが絶えなかった。よくも悪くも蛭子さんは自由奔放で、台本も読まなければ気の利いたコメントも発しない。一方の太川さんはテレビを知り尽くしているため、事前に猛烈に勉強してくる。結果、太川さんが蛭子さんに対して、年上だと分かっていても、つい小言を言ってしまう。蛭子さんはそれが嫌でたまらなかった」(前出の制作会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る