17年ぶり海外公演へ “復活”酒井法子は今までどうしていた

公開日:

 酒井法子(46)が来年1月、香港でコンサートを開催するという。実に17年ぶりの海外公演。中華圏では「モンスター美魔女」などと称される人気者で、当地から長年、ラブコールを受けていたそうだ。

 夫とともに覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕されたのが2009年。東京地裁での刑事裁判では「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい」「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと述べ、執行猶予3年の有罪判決が下ると実際に大学の介護福祉コースに入学。夫とも離婚調停を経て離婚し、更生を目指した。警察の任意同行を拒否しての逃走、逮捕劇から8年が経ったが、これまでどうしていたのか。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「復帰後は逮捕によって生じた映画やCMの違約金など5億円もの借金を返済すべく、割のいいパチンコ店をまわる営業仕事をしつつ、小学生だったご長男の子育ても行う日々を送っていました。素顔の酒井さんは人付き合いが良く、フランクで男っぽい、シャキッとした人。たくさんのママ友たちからボスのように慕われていました。逃走劇の際に息子さんを預かってもらったのも、そんなママ友でしたし、そういう仲間たちに囲まれて、PTAをやったり、運動会に出たりしていましたね。買い物に自転車を走らせたりして、しっかりとお母さんをやっていた。サングラスに高いヒールの靴で地下鉄に乗ったり、自分ひとりで移動も仕事もこなしていました。前夫とは関係を絶ち、サッカーなどスポーツに打ち込む息子さんを熱心に応援していた。とにかく生活を立て直し、必死に生きている印象でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る