17年ぶり海外公演へ “復活”酒井法子は今までどうしていた

公開日: 更新日:

 酒井法子(46)が来年1月、香港でコンサートを開催するという。実に17年ぶりの海外公演。中華圏では「モンスター美魔女」などと称される人気者で、当地から長年、ラブコールを受けていたそうだ。

 夫とともに覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕されたのが2009年。東京地裁での刑事裁判では「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい」「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと述べ、執行猶予3年の有罪判決が下ると実際に大学の介護福祉コースに入学。夫とも離婚調停を経て離婚し、更生を目指した。警察の任意同行を拒否しての逃走、逮捕劇から8年が経ったが、これまでどうしていたのか。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「復帰後は逮捕によって生じた映画やCMの違約金など5億円もの借金を返済すべく、割のいいパチンコ店をまわる営業仕事をしつつ、小学生だったご長男の子育ても行う日々を送っていました。素顔の酒井さんは人付き合いが良く、フランクで男っぽい、シャキッとした人。たくさんのママ友たちからボスのように慕われていました。逃走劇の際に息子さんを預かってもらったのも、そんなママ友でしたし、そういう仲間たちに囲まれて、PTAをやったり、運動会に出たりしていましたね。買い物に自転車を走らせたりして、しっかりとお母さんをやっていた。サングラスに高いヒールの靴で地下鉄に乗ったり、自分ひとりで移動も仕事もこなしていました。前夫とは関係を絶ち、サッカーなどスポーツに打ち込む息子さんを熱心に応援していた。とにかく生活を立て直し、必死に生きている印象でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る