TBS吉田アナを介抱 西川史子“高慢キャラ”でもモテるワケ

公開日:

 TBSの吉田明世アナ(29)が29日の「サンデー・ジャポン」生放送中に体調を崩し、途中退席したアクシデントは、司会の「爆笑問題」田中裕二(52)と、女医タレント西川史子(46)の対応も窮地を救ったようだ。

 ろれつが回らなくなり、倒れそうになった吉田アナを田中は座らせ、CM中には西川が診断し「大丈夫」と判断したというのである(結果は貧血)。

 西川は番組中、不倫騒動のあったゲスト宮崎謙介元衆院議員(36)に際どい話を振って、盛り上げていたが、医師としての役割もきっちり果たしていたようだ。

 西川といえば、高慢なセレブというイメージがあり、結婚相手の条件として「年収4000万円」と言ったり、「不細工は生きる価値なし」などの放言でお茶の間を騒がせてきた。だが、芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る