• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

本屋はOKでネットはダメ? 絵本は「立ち読み」で売れる

 グーグルは、世界のトップの企業ですけど、そのサービスはタダじゃないですか。僕らに検索も無料でやらせてくれている。

 でも、無料っていうのは、その瞬間だけ。マネタイズのタイミングを後ろにずらしているに過ぎない。無料でいろんな人にバーッと使われた方が広告とかいっぱい入るし、どんどん価値が上がる。そこでちゃんと回収はしているから、結局、世界のトップ企業になってると思うんです。

 マネタイズのタイミングを後ろにずらした方が最終的に入ってくるお金がでっかくなるから入場料を取るのを1回やめた、っていうことだと思うんです。

 絵本もそうで、入場料を取るよりも、10人に立ち読みさせるよりかは1億人に立ち読みしてもらった方が、買う人の人数が増える。極めて単純な話なんです。なんで世の中は10人の立ち読みをオッケーにしていて、1億人の立ち読みをアウトにしているか? 僕はそれがよく分からなくて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る