西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

本屋はOKでネットはダメ? 絵本は「立ち読み」で売れる

公開日: 更新日:

 グーグルは、世界のトップの企業ですけど、そのサービスはタダじゃないですか。僕らに検索も無料でやらせてくれている。

 でも、無料っていうのは、その瞬間だけ。マネタイズのタイミングを後ろにずらしているに過ぎない。無料でいろんな人にバーッと使われた方が広告とかいっぱい入るし、どんどん価値が上がる。そこでちゃんと回収はしているから、結局、世界のトップ企業になってると思うんです。

 マネタイズのタイミングを後ろにずらした方が最終的に入ってくるお金がでっかくなるから入場料を取るのを1回やめた、っていうことだと思うんです。

 絵本もそうで、入場料を取るよりも、10人に立ち読みさせるよりかは1億人に立ち読みしてもらった方が、買う人の人数が増える。極めて単純な話なんです。なんで世の中は10人の立ち読みをオッケーにしていて、1億人の立ち読みをアウトにしているか? 僕はそれがよく分からなくて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る