• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

本屋はOKでネットはダメ? 絵本は「立ち読み」で売れる

 グーグルは、世界のトップの企業ですけど、そのサービスはタダじゃないですか。僕らに検索も無料でやらせてくれている。

 でも、無料っていうのは、その瞬間だけ。マネタイズのタイミングを後ろにずらしているに過ぎない。無料でいろんな人にバーッと使われた方が広告とかいっぱい入るし、どんどん価値が上がる。そこでちゃんと回収はしているから、結局、世界のトップ企業になってると思うんです。

 マネタイズのタイミングを後ろにずらした方が最終的に入ってくるお金がでっかくなるから入場料を取るのを1回やめた、っていうことだと思うんです。

 絵本もそうで、入場料を取るよりも、10人に立ち読みさせるよりかは1億人に立ち読みしてもらった方が、買う人の人数が増える。極めて単純な話なんです。なんで世の中は10人の立ち読みをオッケーにしていて、1億人の立ち読みをアウトにしているか? 僕はそれがよく分からなくて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る