• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

今の時代の広告戦略 絵本無料公開が大炎上ってやばない?

 今年の1月、「えんとつ町のプペル」をネットで無料公開したところ、大炎上しました。最初は「アンチの人とかが騒いでるんだろうな」くらいに思ってたら、普通の人までが「無料公開なんかしちゃだめだよ」って言ってて。これはやべえと思ったんです。それで新刊の「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」を書きました。軸は「プペル」の作り方と売り方です。宣伝の仕方、売り方、無料化のことですね。

「プペル」は、無料公開してから売り上げが上がったんですね。どう考えたってそうなるんだけれど、ダメだよって人がいてて。例えば、最近でいったらクラウドファンディングをタレントがしてるっていうことでズルいみたいな風潮がありますよね。山田孝之くんがクラウドファンディングしたときも、「タレントはお金持ってるのにズルい」みたいなことを言ってる人もいた。

 山田くんのクラウドファンディングって、細かく言うと、あれは購入型のクラウドファンディングです。つまり、「何千円か支援してくださったらこれをお返しします」っていうもの。ただの予約販売みたいな、本を売るときに予約取ってるのとなんら状態は変わってないんです。プラットフォームをクラウドファンディングでやっているだけ。そういうことが分からない人がまだいるんだと思ったんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る