西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

今の時代の広告戦略 絵本無料公開が大炎上ってやばない?

公開日: 更新日:

 今年の1月、「えんとつ町のプペル」をネットで無料公開したところ、大炎上しました。最初は「アンチの人とかが騒いでるんだろうな」くらいに思ってたら、普通の人までが「無料公開なんかしちゃだめだよ」って言ってて。これはやべえと思ったんです。それで新刊の「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」を書きました。軸は「プペル」の作り方と売り方です。宣伝の仕方、売り方、無料化のことですね。

「プペル」は、無料公開してから売り上げが上がったんですね。どう考えたってそうなるんだけれど、ダメだよって人がいてて。例えば、最近でいったらクラウドファンディングをタレントがしてるっていうことでズルいみたいな風潮がありますよね。山田孝之くんがクラウドファンディングしたときも、「タレントはお金持ってるのにズルい」みたいなことを言ってる人もいた。

 山田くんのクラウドファンディングって、細かく言うと、あれは購入型のクラウドファンディングです。つまり、「何千円か支援してくださったらこれをお返しします」っていうもの。ただの予約販売みたいな、本を売るときに予約取ってるのとなんら状態は変わってないんです。プラットフォームをクラウドファンディングでやっているだけ。そういうことが分からない人がまだいるんだと思ったんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る