異例の離婚会見 松居一代「勝利宣言」に透ける銭ゲバぶり

公開日:

 前代未聞の離婚会見だった。13日に東京家裁の調停で、夫で俳優の船越英一郎(57)との離婚が成立したタレントの松居一代(60)。15日に都内の高級ホテルで記者会見を開いたのだが「やりました、離婚が成立しました!」とガッツポーズやVサインを連発。さらには、会見途中に実母に生電話をかけて「お母ちゃ~ん」と絶叫するなど、松居の独壇場だった。

 これまで松居はYouTubeなどで船越の不貞を主張。その証拠であるバイアグラや浮気相手の手紙を暴露するなど、行動はエスカレート。船越の謝罪を要求していた松居だが、この日は船越のことを「大っ嫌い」「真っ赤な赤の他人さまと思っていますので、謝罪とか、そういうものは必要なくなりました」など、言いたい放題だった。しかし、ハタから見ると、離婚したくて仕方のなかった船越の望む展開になったにもかかわらず、勝利宣言とはどういうことなのか。事情に詳しい芸能リポーターがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る