「やすらぎの郷」蹴ったフジは株主総会で吊し上げられた

公開日:  更新日:

 昨年放送された「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)は新設された「帯ドラマ劇場」の枠で、4月3日から9月29日まで全129回が放送された。同作は現在のテレビ業界や社会問題、世間に対する皮肉や批判を織り交ぜながら、生きること、年を重ねる面白さを喜劇として描き、初回視聴率で8・7%、期間平均でも5・8%と大健闘した(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ=関東地区)。視聴者の心に響くドラマの企画は一体、どのように生まれたのか。その舞台裏に迫る。

碓井 まずは、お疲れさまでした。やはり面白かったです。登場人物たちが抱える過去への執着や現在への不満、くすぶる恋心、病気や死への恐怖など、形は違いますが、われわれ一般人と重なっている。だからこそ多くの視聴者が共感したのだと思います。現在の心境はいかがですか。

倉本 いまは完全にやすらぎロス。なにしろ、生活習慣が、朝起きてBS朝日で前日分を見て、昼起きて次の回を見るっていうことがなくなったもんですから、次に何を書くかとかっていう気にはならないんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る