倉本聰に挑発され奮起 昼ドラ「やすらぎの郷」番組Pの覚悟

公開日: 更新日:

 初回視聴率は8%超と及第点には十分な数字。脚本家・倉本聰氏(82)が自ら企画し、脚本を手がけた平日昼の帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」(テレビ朝日系、12時半~12時50分)が好調だ。倉本氏の現在のテレビのあり方に対する不満が込められた作品としても話題だが、制作サイドの率直な胸の内は? 同番組プロデューサーの中込卓也氏(52)に話を聞いた。

■「倉本聰から挑発されて、応えないテレビマンはいない」

 中込氏は、18年前の倉本作品「玩具の神様」(99年、NHK)に携わって以来、何度も富良野を訪れドラマの執筆依頼をしてきたが、フラれっぱなしだったという。

「倉本先生は常々『いまのテレビドラマは面白くない。興味がない』とおっしゃっていましたね。連ドラ『風のガーデン』(08年)以降、テレビとは距離を置かれていましたが、ご自身を含め、同世代のお友達は、朝早く目覚めるんだけれど見たい番組がないと嘆いている。ドラマでいえば、NHKの朝ドラが独り勝ち状態。どこの民放も指をくわえて見ているだけで、なぜチャレンジしないのか。じゃあ、俺が書けばいいのか――。これが、9年ぶりの連ドラを執筆されるに至った先生の三段論法です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る