• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャスト充実の大河「西郷どん」初回ワースト2位の不思議

 7日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」は期待以上の面白さ!

 初回は西郷の少年時代を描いていたが、やはり特筆すべきは島津斉彬を演じた渡辺謙の圧倒的な存在感。ハリウッドも一目置く、日本を代表する俳優は迫力が違う。

 昨年ともに不倫騒動を起こした斉藤由貴が降板したのに、渡辺が降板しないのはおかしいと一部非難する声もあったが、役者は演じてナンボを証明したといっていい。一昨年の大河「真田丸」の草刈正雄同様、主役を食うほど存在感がある。

 役者では西郷隆盛の父が風間杜夫、母が松坂慶子、大久保利通の父が平田満と「蒲田行進曲」トリオが画面に映るだけで得した気分。

 ナレーションの西田敏行、島津斉興に鹿賀丈史という90年の大河「翔ぶが如く」で西郷と大久保を演じた2人が関わっているのもうれしい。西郷の少年時代を演じた子役(渡邉蒼)もいい。NHKは相変わらず子役選びがうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る