キャスト充実の大河「西郷どん」初回ワースト2位の不思議

公開日: 更新日:

 7日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」は期待以上の面白さ!

 初回は西郷の少年時代を描いていたが、やはり特筆すべきは島津斉彬を演じた渡辺謙の圧倒的な存在感。ハリウッドも一目置く、日本を代表する俳優は迫力が違う。

 昨年ともに不倫騒動を起こした斉藤由貴が降板したのに、渡辺が降板しないのはおかしいと一部非難する声もあったが、役者は演じてナンボを証明したといっていい。一昨年の大河「真田丸」の草刈正雄同様、主役を食うほど存在感がある。

 役者では西郷隆盛の父が風間杜夫、母が松坂慶子、大久保利通の父が平田満と「蒲田行進曲」トリオが画面に映るだけで得した気分。

 ナレーションの西田敏行、島津斉興に鹿賀丈史という90年の大河「翔ぶが如く」で西郷と大久保を演じた2人が関わっているのもうれしい。西郷の少年時代を演じた子役(渡邉蒼)もいい。NHKは相変わらず子役選びがうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る