• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「西郷どん」引っ張る鈴木亮平の全力演技と脇役の存在感

 大河ドラマ「西郷どん」が面白くなってきた。昨年放送の「女城主 直虎」と比べるのも酷だが、西郷を演じる鈴木亮平(34)のはつらつとした表情、セリフ、そして動きが断然気持ちいい。

 鈴木は朝ドラ「花子とアン」の夫役で注目されたが、映画「HK変態仮面」で見せた、針が振り切れたような全力演技が印象に残る。「西郷どん」でも、気持ちが高揚した時に繰り出す“怒涛の寄り”など、肉体派の鈴木ならではのものだ。

 そしてもう一人、このドラマを見るべきものにしているのが、島津斉彬役の渡辺謙(58)である。第4話で、父親の斉興(鹿賀丈史)に藩主の座から降りるよう迫った時、なんと弾を1発だけ込めたピストルでロシアンルーレットをやってみせた。さすが“世界のケン・ワタナベ”。画面の空気は一気に凝縮し、渡辺が完全に主役に見えた。

 実はこの名場面、林真理子の原作小説「西郷どん!」にはない。脚本の中園ミホのオリジナルだ。こうした手練手管がズバリと決まれば決まるほど、ドラマは盛り上がる。

 全体として男っぽい、男くさい大河だ。それだけに、西郷に思いを寄せる糸(黒木華)や後の篤姫である於一(北川景子)の出番には“ありがた感”がある。また西田敏行(70)のナレーションも大正解。悠揚迫らぬ調子にユーモアがブレンドされており、見る側をリラックスさせてくれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る